生活保護の申請をわかりやすく解説TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 生活保護申請関連 ≫ 生活保護申請親族に扶養照会のまとめ

生活保護申請親族に扶養照会のまとめ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
生活保護申請をするとさまざまな審査が行われる。
生活保護では独自の機関があり例えば借金の有無や保険、土地建物の資産について調べる事ができる。
その中で扶養する親族がいるかいないかも重要な申請通過の条件となるだろう。

まず親族に扶養紹介と言うハガキや電話がある
そこで本当に扶養できないかを聞いてくるだろう。

ここで疑問なのは年収どのくらいだと扶養義務が発生するかということであろう。
しかし年収の上限などは特に取り決めていない。

人によって年収と家族構成や事情が異なるからである。
家族が5人の人と2人の人とでは当然余裕のある収入が違うからであろう。
また家や車のローンを抱えている人も居るだろう。

大抵の方が年収に余裕などはないのが現状、という事で強制的に扶養を行なわなければいけないわけではありません。
家計の事情を説明し家計が厳しいという事が分かれば扶養照会は断る事ができます。


また親族に連絡されるとまずいという方も生活保護申請者にはいます。
そのような事情が通る場合、扶養照会は送られない。
ただし事情として、例えば夫の暴力などで離婚をし住所がばれた場合、犯罪が誘発する可能性がある場合など誰が聞いても連絡が危険であると判断された場合だけです。


このような事から生活保護申請をする場合、どうせ無理だと思わず事情を話し検討してもらう事をおすすめします。

関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 生活保護の申請をわかりやすく解説. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。