生活保護申請の裏話

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
生活保護を受けようとするものが役所に言った時に最初は大抵口頭による相談です。
何度か行くうちに申請書がももらえるという感覚でしょうか。

それは役所も希望するもの皆に審査をしていたら書類が膨大になるからでしょう。
とは言うものの申請ができるものに出来ないとは言えません。

なぜ駄目なのでしょうか?

それはどうすれば良いでしょうか?

など明確に結論ができるようにお話しする事が大事です。
申請用紙がどうしてももらえないという状態であっても、「生活保護申請書」などと検索するとNPO法人などの機関で申請書を簡単にコピーできます。

それに書いて持っていけばよいのですが担当が受け取らない場合もあります。
どうしても申請書を出したい場合は内容証明郵便などで送れば受け取らないわけにはいかないでしょう。
最悪はそうした方法もあります。
関連記事
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) 生活保護の申請をわかりやすく解説. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。