FC2ブログ

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --年--月--日 | スポンサー広告 | 編集 |

生活保護 入院 申請

生活保護者が入院する時には「医療扶助」が適用になります。
医療扶助を受けるには医師の診断書などの何らかの証明がなければいけない。

医師から入院を告げられてからお住まいの福祉担当者へ相談しその後入院が必要となる医師の確認をもらえれば入院は可能となる。

ここで簡単に生活保護者の入院についてご説明しときます。

・投薬、処置、手術、入院等は現物支給となり直接給付により行われる。
・国民健康保険と同等の治療内容。
・ベッド代、パジャマやシーツの貸し出しに関わる費用は本人負担。
・1ヶ月以上入院する場合「入院日用品費」が支給される。
・生活保護者は基本的には指定医療機関ですが、場合により指定外の医療機関でも給付が受けられる。
・予防接種などは対象とならない。
※入院患者日用品費を世帯主に一括支給した場合、実際に入院患者の手に渡らないという事例もあることから入院患者日用品費のみについて福祉事務所から直接患者に渡す場合もある。
| 2011年08月22日 | 生活保護申請関連 | trackback(0) | 編集 |
Copyright (C) 生活保護の申請をわかりやすく解説. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。